MotDB


AJACS18/mitsuhashi


目次


_ BodyParts3D/Anatomographyとは

BodyParts3D(ボディパーツ3D)は人体各部位の位置や形状を3次元モデルで記述したデータベースです。Anatomography(アナトモグラフィー)を使って、BodyParts3Dから解剖学用語を選択して自由に人体のモデル図を作成できます。

_ BodyParts3D/Anatomographyの場所

_ 【実習1】基本的な操作手順を覚える

  • 「Information」タブ→「ユーザガイド」→「Getting Started」をひと通り実施します。

_ 【実習2】AQP3遺伝子の臓器別発現量を人体ヒートマップで表示し発現状況を可視化する

  1. アクアポリン3(AQP3)という遺伝子の発現量ヒートマップを作成します。
    1. データソース:BioGPS
      aqp3.png
  2. 作成済みマップのリンクをクリックしてください。→ 作製済みマップのリンク
  3. 「臓器別に取得された数値を色情報に変換してヒートマップを作成するには」を参考に、発現量を入力できることを確認します。
  4. 「Palletの中で選択した臓器にフォーカスするには」を参考に、画像を見やすい大きさにします。

_ 【実習3】BodyParts3Dの人体の特徴を調べる

  1. 身長は何センチでしょうか。
    1. ヒント:BodyParts3Dには座標系が定義されています。
  2. 左肺と右肺はどちらが大きいでしょうか。その理由は。
    1. ヒント
  3. 左右の腎臓の高さが異なる理由は。
    1. ヒント

※現段階ではBodyParts3Dで観測できる全ての特徴が解剖学的に正しいとは限りませんので、正確には書籍等で確認してください。

_ 講習会資料(pdf)ダウンロード

 
添付ファイル: fileajacs18Bp3d.pdf 2745件 [詳細] fileaqp3.png 572件 [詳細]
 
Link: AJACS18(3583d)
Last-modified: 2010-06-16 (水) 09:51:08 (3584d)